2014年12月14日日曜日

超世壊怪獣1/三重県立美術館



"超世壊怪獣1<頭部>:Alien Vision 10" ©ISHIYAMA Hiromichi



「三重の新世代 2015」

会期   201514()329()
開館時間 9301700(入館は1630まで)
休館日  毎週月曜日(祝休日にあたる場合は開館)113()
観覧料  一般300(240)円 学生(大学・各種専門学校等)200(160)円 
     高校生以下無料 ( )内は、20名以上の団体料金
主催   三重の新世代展実行委員会、三重県立美術館
会場   三重県立美術館 柳原義達記念館A室
出品作家 荒木由香里 石山浩達 磯貝知哉 板野久美子 稲葉直也 岩名泰岳 上島好恵 大西佐奈 近藤麻美 下村雄三 谷口美喜 西村怜奈 林康貴 平田茂 平松典子 廣田光司 宮本宗 柳田美穂 山鹿翔子 山本真也  



----------------------------------------------


この度、三重県立美術館で開催されるグループ展「三重の新世代 2015」にて最新の怪獣彫刻の頭部「超世壊怪獣1」を展示いたします。
近未来の地球を舞台に巨大怪獣、人類が生み出した人造巨人型サイボーグ「しょっくまん」、さらに数々の宇宙人達が登場するインスタレーションを展開します。

私は小さい頃からとにかくゴジラが大好きで、正月にはゴジラを観に行くのが恒例でした。ゴジラに出てくる怪獣の身長や体重、戦闘方法は全て暗記し、さらにコアな情報はゴジラファンクラブの創成期からの会員になることで常に得るようにしていました。幼少期に少しずつ集めていたゴジラフィギュアのコレクションは、いつの間にか膨大な量になっていました。

<ビキニ環礁の海底に潜んでいた太古の恐竜が水爆実験で眼を覚まし、水爆エネルギーを全身に漲らせて日本を襲撃する>・・・という基本設定を持つ「ゴジラ」には、他の勧善懲悪型の特撮作品にはない別格の魅力を感じます。

そんな根っからの怪獣少年であった私には、過去2作のハリウッド版ゴジラは到底怪獣とは認めがたいものでした。なぜなら、その描き方は「爬虫類型の造形からなり、人類に倒されるべき役割を負わされた典型的なモンスター」の域を出ていないからです。善悪を超越し、人類の計り知れない脅威として描かれた54年及び平成シリーズのゴジラこそが本物の怪獣であり、怪獣像としての一つの到達点であると私は考えています。

この「怪獣の本質」を持ち、尚且つ着ぐるみとは異なる独立したアートとして成立し得る怪獣をこの手でつくりたい、という強い衝動に駆られ、今回の作品制作に臨みました。少年時代から自分の中に蓄積してきた様々な怪獣像、知識、アイデア、造形の趣向・・・それらを総動員しながら何度もデザインを練り直し、約半年間全力を注いで怪獣をつくり上げました。

ご高覧いただければ幸いです。

石山浩達


"Alien Vision 書き下ろし漫画シリーズ 18P" ©ISHIYAMA Hiromichi




"しょっくまん" ©ISHIYAMA Hiromichi

近未来の地球で、人類が「超世壊怪獣」に対抗するために造り上げた“人造巨人型サイボーグ”。地球人の大人(主にサラリーマン)が改造されており、複数の個体が存在する。“夢”や“希望”といった感覚が極端に希薄になった近未来の世界で、地球に充満する人類の“ネガティブな感覚”や“ショックな感情”をエネルギー源に変えて戦うヒーロー。しかし、あまり強くない。人類が地球に飛来したエイリアン「つのぴー」の生態を参考に造り出したため、形態が似ている。頭部のツノから対象にショックな感情を注入する“精神衰弱破壊光線”を放つが、怪獣には全く通用しない。





2014年12月2日火曜日

サラリーマン・コレクター展@天神山文化プラザ




「サラリーマン・コレクター展」

会期:2015年1月6日(火)〜1月18日(日)(会期中無休)
時間:9:00〜18:00(最終日は16:00まで)
会場:岡山県天神山文化プラザ 2F 第3・4展示室 
入場無料
出品コレクター:藤原義人(月吠文庫主人)/山本冬彦(アートソムリエ)

関連イベント:1月10日(土)

13:00〜コレクターによるギャラリートーク
14:30〜対談 藤原義人×山本冬彦×森山知己(美術家)×立島惠(佐藤美術館学芸課長)

詳細:
http://www.tenplaza.info/art_gallery/gallery.html


【岡山・天神山文化プラザ展:山本冬彦氏出品作家一覧】
石踊紘一、小嶋悠司、内田あぐり、岡村桂三郎、河嶋淳司、斎藤典彦、マコトフジムラ 森山知己、北田克己、大藪雅孝、智内兄助、金井訓志、開光市、広田稔、溝部聡、 柄澤斎、舟越桂、山中現、諏訪敦、山本麻由香、榎俊幸、原 崇浩、小木曽誠、 三瀬夏之介、龍口経太、福山一光、池永康晟、岩田壮平、王培、蒼野甘夏、松島智里、 山崎龍一、高松和樹、後藤温子、富田菜摘、坂本友由、加藤ゆわ、大谷郁代、阪東佳代、小森隼人、田中千智、川嶋陽介、石山浩達、堤麻里子、塩月悠、鶴友那、本木ひかり、 丸山恭世、原麻奈美、佐々木優衣、田中望、山田優アントニ、飯沼由貴、中屋明子、 鈴木博雄、中原亜梨沙、忠田愛、石原七生、田口由花、佐久間友香、毛利美穂、吉田潤
(以上62名:敬称略:順不同)

------------------------------------------------


山本冬彦氏よりコレクション展に作品が出品されます。ご高覧いただければ幸いです。









2014年10月22日水曜日

新作


Sea area:Cube  2014 板、白亜地、油彩 24×19cm
©ISHIYAMA Hiromichi Photo:MATSUBARA Yutaka





「INTRO2 ― コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展 ―」が終了しました。新作の画像を何点かアップします。






Earth Girl:レンズ  2014 板、白亜地、油彩 24.2×33.3cm
©ISHIYAMA Hiromichi Photo:MATSUBARA Yutaka





雪男
2014 FRP、日本色タブロー 42.8×21.3×12.2cm
©ISHIYAMA Hiromichi




Gray area:雪男
2014 ミクストメディア 24×14.5cm
©ISHIYAMA Hiromichi




つのぴー112号 ©ISHIYAMA Hiromichi




つのぴー118号 ©ISHIYAMA Hiromichi







2014年9月19日金曜日

INTRO2 − コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展−


雪わらべ 2014 板、白亜地、油彩 41×31.8cm
©ISHIYAMA Hiromichi Photo:MATSUBARA Yutaka







「INTRO2 ― コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展 ―」

会期:2014年10月7日(火)〜10月19日(日)
時間:11:00〜20:00(最終日は18:00まで)
休館:10月13日(月)
会場:アートコンプレックスセンター

レセプションパーティー:10月11日(土)17:00〜19:30

詳細:http://gallerycomplex.com/schedule/ACT145/intro2.html


------------------------------------------------



山本冬彦氏がセレクトされたグループ展に出品します。

今回は、「雪男」をテーマに全て新作で構成します。
小品を中心に「つのぴー」たちお馴染みの宇宙人に加えて、最新作のペインティング「雪わらべ」や立体「雪男」が登場します。




つのぴー117号 2014 日本色タブロー ©ISHIYAMA Hiromichi



2014年8月29日金曜日

細密アート

永遠の個 2009 古典技法(板、白亜地、油彩) 162.1×162.1cm



月刊アートコレクターズ9月号「細密アート」の特集で、大学3年時に描いた作品、「永遠の個」が紹介されています。


大学3年時、夜9時施錠が規則の油画教室で一晩中この絵を描いていました。大学に忍び込んでは描き、毎日20時間の描画を3ヶ月続けて完成。教授達に怒られても、僕の我が儘にいつも折れて鍵を開けてくれた警備員さんには今も感謝してます。
本作は独自の四点透視図法で描いた2千個のエイリアンの墓標(立方体)と、人間の叡智・欲望・美意識の象徴である車が宇宙の時空に刻まれる様をエアブラシでなく、全て筆で描いています。






2014年8月20日水曜日

ゴジラ 2014





写真は子ども時代からの宝物、ゴジラのコレクションの一部です。

当時は毎年、誕生日とクリスマスにゴジラのオモチャを買ってもらい、正月には家族でゴジラを観に行くのが恒例だった。ゴジラに出てくる怪獣の身長や体重、戦闘方法を全て暗記していたし、さらにコアな情報は「ゴジラファンクラブ」最初期からの会員になることで常に得るようにしていた。
特に大好きな「ゴジラVSデストロイア」などはビデオがすり切れるくらい何十回と観た。先月、BSで数年ぶりにデストロイアを観たが、本編の各シーンはもちろん、台詞もほぼ全部覚えていて自分でも少し驚いた。そして何よりも、「ゴジラの死」を描いたデストロイアこそ、第1作と並ぶゴジラ映画の最高峰だとあらためて感じた。
日本の「ゴジラ」と「ゴジラVSデストロイア」については1年前にブログで書いているので、詳しくはそちらで。↓

http://art-ishiyama.blogspot.jp/2013/08/blog-post.html




「ファイナルウォーズ」以来、ゴジラはもう10年もの間スクリーンに帰ってきていない。


先日、ギャレス版「GODZILLA ゴジラ」を観てきた。
今作はレビューなどでは、「98年のトカゲゴジラよりは遥かに良い。」とか、「ゴジラが好きな監督が作っただけあって、随所にオリジナルへの敬意が見られる。」、「これはゴジラの映画と認めることができる。ゴジラが復活した。」など、わりと肯定的な意見が多いように思う。

果たして本当にそうか?


僕には今回の「GODZILLA ゴジラ」が「ゴジラ」に敬意を評した作品とは到底思えない内容だった。
はっきり言って、かなり酷い。


1.<ゴジラの出自>
まず、ゴジラ誕生の経緯を改変した点がいただけない。
オリジナル版の「ゴジラ」では、ビキニ環礁の海底に潜んでいた太古の恐竜が水爆実験で眼を覚まし、水爆エネルギーを全身に漲らせ放射能をまき散らして日本を襲撃する、という基本設定がある。人類が生んだ「核」により生まれたのがゴジラであり、この点こそがゴジラの本質である。(因に当時のポスターには「水爆大怪獣」と銘打たれている。)本編で明言されることはないが、この水爆実験とは誰が観てもアメリカの水爆実験を指している。
しかし今作では、「ゴジラは被爆したのではなくペルム紀から生息する種族の末裔であり、54年の水爆実験はゴジラを殺すために行われていた」という、都合のいい改変が為されていた。自国の核実験肯定のため「ゴジラの本質=人類の核が生み出した」という根本の設定そのものを改変した今作が、オリジナルに敬意を評した作品と言えるのだろうか?(98年のエメリッヒ版ゴジラでは、フランス領の水爆で生まれた設定。)


2.<ゴジラのデザイン>
ゴジラのデザインについても、「前回のトカゲと違い、日本版に忠実」という感想が多いが、色がなぜあんなにグレーがかっているのか?ゴジラの色は黒である。
また造形もあいかわらず爬虫類的で、ハリウッドのいわゆる"モンスター"の域を出ていない。オリジナルは、製作陣すら「ヘソがあるのかも分からない。」と語るほど、通常の生物を超越した存在としてデザインされていて、もっと奇妙でカッコいい。


3.<短い>
ゴジラの登場シーンの異様な短さも気になった。
オリジナルでも初期の「モスラ対ゴジラ」などゴジラの登場が後半までじらされる作品はある。もったいつけるのは構わない。が、例えばモスゴジではひと度ゴジラが登場すると、そこからクライマックスまではゴジラとモスラの戦闘がたっぷりと描かれ、鑑賞者に一定の満足感を与えるように構成されている。同じく登場がじらされる第1作「ゴジラ」でも、後半のゴジラがひたすら街を破壊し人類を蹂躙する絶望的な場面が十数分間に渡って続く。
しかし、今作ではゴジラ登場までを徹底的にじらされるだけでなく、登場後のゴジラも数秒や数十秒ですぐに人間のカットに切り替わり、怪獣映画の一番の醍醐味である「暴れる怪獣」や「怪獣同士の戦闘シーン」が非常に短くなっている。一体、ゴジラの出演シーンはトータルで何分あったのか?
CGでゴジラを描くため、予算的な制約もあったのだろうか。オリジナルは、着ぐるみによる特撮だからこそたっぷり怪獣のシーンを撮れたわけだし、何より着ぐるみという実在する物質だからこそ攻撃されるゴジラの痛みや怒り、哀しみといったリアルな感覚を表現することができたのだと思う。


4.<敵怪獣>
ゴジラに比べてわりと丁寧に描かれていた敵怪獣ムートーの方がまだ感情移入できた。特に2体のムートーが出会う場面や、卵が大尉に爆破されたシーンの哀しみなどは少し切なかった。


5.<人間が主役>
前回同様、人間ドラマがくどい。
オリジナルでは人間は後半、怪獣バトルが始まるとほとんど傍観者になるのが常であった。「ゴジラ」の主役はあくまでゴジラであり、主演キャストではない。
一方の今作では、ゴジラは完全に脇役であり、主役はフォード・ブロディ大尉である。後半になっても人間の主人公側の戦闘や感動シーンにしっかりと時間が割かれている。そして時間をかけている割に、それぞれの人物造形がステレオタイプ過ぎて非常に薄っぺらいため共感や感情移入もできず、救いようが無い。「VSスペースゴジラ」の結城くらい魅力的な登場人物がいれば多少マシにはなったかもしれない。


6.<ストーリーの稚拙さ>
ヒロシマの数十倍の威力を持つメガトン級の核弾頭がサンフランシスコ沖で作動し、核爆発後の街で防護服も無しで渡辺謙たち人類が普通に歩いている終盤のシーンはあまりにも滑稽に見える。また、ストーリー展開も非常に遅い。


7.<カット>
宝田明さんの出演シーンをカットしたのはなぜか?これはあまりにも残念な点。映画としての重みが全く違うものになっていた。


8.<正義の味方?>
従来の勧善懲悪型の特撮作品と「ゴジラ」が大きく異なるのは、ゴジラは正義の味方ではなくまた一方的な悪でもなく、計り知れない人類の脅威として描かれている点にある。
しかし今作のゴジラは、まるで人類の救世主のような振る舞いで敵怪獣を倒し、自分から積極的に人間や街を襲撃することはない。「人類にとってゴジラとは何か」を問いかける初期や平成のオリジナルに対して、キャラクター設定の甘さが目立つ。


9.<芹沢という名の無駄遣い>
芹沢という名はゴジラファンにとって特別な意味を持っている。第1作に登場する芹沢博士は、オキシジェン・デストロイヤーを使って自らの命と共に初代ゴジラを殺す。その存在は平成の完結編「VSデストロイア」でも大きな意味を持っている。
今作でも芹沢という名の博士が登場するが、渡辺謙演じるこの芹沢は終始おろおろとしているだけで特に活躍するわけでもなく物語は終わる。芹沢の名を使う意味がまるで無い。




この監督、今までゴジラの何をみてきたのだろうか?


映画「GODZILLA ゴジラ」は「ゴジラ」ではないと僕は思った。



「映像が迫力あるし娯楽映画としてみれば一興」、みたいな意見も聞くが、だったら只のモンスター映画を作れば言い訳で「ゴジラ」を名乗るべきではない。
そもそも、ゴジラの本質(出自の理由)を根本的に否定して毎度改変してしまうハリウッドに「ゴジラ」の名を冠した作品を作る資格は無い。



少しだけよかった点もある。一つは放射能の熱線のシーンが格好良かったこと。
もう一つは、アメリカ版とは言え久々にゴジラが話題になったことで、ゴジラ9作品と名作、平成「ガメラ」三部作がテレビ放送されることになったこと。



ゴジラはまだ復活していない。
数十年後でもいいから、いつかまた本物のゴジラが観たい、と心から思う。





2014年7月14日月曜日

個展 "Alien Vision × かもめのジョナサン" 本日公開

©ISHIYAMA Hiromichi "ジョナサンとリチャード" より





「石山浩達展 Alien Vision × かもめのジョナサン」

公開:2014年7月14日(月)
場所:Web site Alien and Jonathan http://alienvisionishiyama.wix.com/alien-jonathan



Web上の特設サイトで開催する自主企画の個展、本日公開しました。上記URLから閲覧ができます。

2週間前の2014年6月30日、飛行家 リチャード・バック著「かもめのジョナサン  完成版」が刊行されました。それを受けて、世界中の誰よりも早く「かもめのジョナサン」をテーマに作品として発表したいと思い、開催を決めました。

44年ぶりに完結を迎えた「かもめのジョナサン」への心からの祝福と、素晴らしい名著を生んでくれたリチャード・バック氏に深い感謝の想いを込めて。




©ISHIYAMA Hiromichi "ジョナサンとリチャード" より





©ISHIYAMA Hiromichi "ジョナサンとリチャード" より





2014年7月4日金曜日

個展 "Alien Vision × かもめのジョナサン"





「個展 Alien Vision × かもめのジョナサン」

公開:2014年7月14日(月)11:00
場所:Web site "Alien and Jonathan"



飛行家 リチャード・バック著「かもめのジョナサン」。
13歳の時から何十回も読み続けている愛読書です。初めてこの本を読んだ時から、いつか「かもめのジョナサン」をテーマに作品を作りたい、と心に決めていました。

先日、長らく著者が封印していた最終章を含む「かもめのジョナサン 完成版」が40年ぶりに刊行されることになり、13年越しの構想を作品化することに決めました。


本展は、「Alien Vision × かもめのジョナサン」をコンセプトにインターネット上で展開する個展です。作品の形態や展覧会の全容は公開当日まで秘密です。「かもめのジョナサン 完成版」の刊行から2週間後の7月14日に特設サイトが公開されます。


Web site "Alien and Jonathan":http://alienvisionishiyama.wix.com/alien-jonathan <2014.7.14 公開>





2014年6月14日土曜日

オーダー


" はっぴー "
2014 FRP、日本色タブロー 30.8×21×13cm
Hair Garden N.Y蔵



 美容院「Hair Garden N.Y」さんからのオーダーでアート作品を制作しました。
「リニューアルオープンしたお店にアートを」というご要望を受けて、普段とはひと味違った作品ができました。








こちらが Hair Garden N.Yさんです。自然と一体になっているような開放的なつくりが印象的で、とても心地良い空間です。

今回ここに、絵画と立体を組み合わせたインスタレーションを制作、設置させていただきました。



店内の様子: " はっぴー " と " ようせいのほし "





" はっぴー "
2014 FRP、日本色タブロー 30.8×21×13cm
Hair Garden N.Y蔵


いつもの宇宙人とは違い、今回は妖精を立体でつくりました。葉っぱの妖精「はっぴー」です。手にはハサミとクシを持ち、葉っぱの帽子を被っています。足下は海になっていて深海魚や古代の生物などが泳いでいます。





" ようせいのほし "
2014 キャンバス、油彩 42×91cm
Hair Garden N.Y蔵




 そしてもう一点は、海の絵「ようせいのほし」です。複数のはっぴーや人間たちの姿も描かれています。



" drawing#4 " 2014 紙、ペン、色鉛筆




はじめから作品が置かれる場所が決まっている状況で新作を作ることは、非常に刺激的で面白いです。
制約があることで、不思議と今までにないイメージが生まれ、アイディアが膨らんでいきます。





---------------------------------------------------------





また、先日の「エイリアン博物館」で「エイリアンの化石」(フレスコ画)を見た個人の方から「フレスコ画でイコンをつくってほしい。」というご要望を受け、フレスコのオーダー作品もつくりました。
技法はブオン・フレスコ。ジョルナータはなしです。




" バルジ:ウラジーミルの生神女 "
2014 フレスコ画 26×17cm 個人蔵



「ウラジーミルの生神女」をテーマに、宇宙の要素などを加えています。今回使用した正統なフレスコの技法では、媒材を用いずに顔料を水で溶くだけで漆喰の上に定着させて描くため、油絵などその他の絵画と違い「顔料そのものの美しい発色」で仕上げることができます。
また、油絵、アクリル、テンペラなど一般的な絵画を遥かに凌ぐ、数千年規模の長期保存が可能です。








技術的にかなり難しいところがありましたが、サイドに木枠は付けず、むき出しの状態に仕上げた点もこだわりの一つです。





「いつかこのフレスコ画で、どこかの聖堂に壁画を描く」ことが、数年来の目標の一つです。



2014年5月20日火曜日

率直な感想 後編 @エイリアン博物館






率直な感想、後編です。



<後編 お客さんとの質疑応答の様子/本展の特異な点/自分の率直な感想>

開催中の「エイリアン博物館」は、来場者の多くがいわゆる美術の玄人とは異なる一般の方々です。
そこでまずは、老若男女さまざまな来場者のみなさんから会場で直接受けた作品への質問やその回答、感想、反応の様子などを書きます。
※【 】内はお客さんとのやり取りで感じたことなど・・







お客さんA(20代女性) 「宇宙人 つのぴー可愛いですね!つのぴーの頭の赤い▲の印は何か意味があるんですか?」

石山(以下、石) 「つのぴーは基本的に自分のツノを長く伸ばしたいと思っていて、赤い▲は"ツノが長く伸びるおまじない"です。」

お客さんA 「えー?でもエイリアンはみんな体を変化(メタモルフォーズ)できるんですよね?ツノは伸ばせないんですか?」

 「ツノだけは伸ばせないんです。彼らにとってツノは心臓のようなもの。」

お客さんA 「赤い▲じゃなくて↑が付いてるつのぴーは?」

 「もっと長くツノを伸ばしたがっているつのぴーです。さらに、彼らには色々と好みがあって、ツノをまっすぐ伸ばしたいつのぴーとカーブを描きながら伸ばしたいつのぴーがいます。」

お客さんA (爆笑)

お客さんA 「エイリアンはどうやって増えるんですか?子どもを産むんですか?性別はありますか?」

 「性別はないです。地球で言う"想像妊娠"みたいなものです。イメージすると本当に生まれるという。」

お客さんA 「それはすごくエイリアンぽいですね!染色体がどうとかじゃなく、地球の常識とは全くちがっていて、つのぴーにピッタリ。」

お客さんA 「しゃべるつのぴーもいますよね?」

 「みんなしゃべります。」

お客さんA 「みんなしゃべるんですか!あとちょっとひねくれ者もいたり、好みがあったり、エイリアンだけど意外と人間臭いですね!細かくキャラクターが設定されているから想像がどんどん膨らむし、世界観が完成されているのでどんどん引き込まれます。」

 「一つ作るとそこからまた新しい発想が生まれて、妄想の連鎖で次々にイメージが出てきます。」

お客さんA 「漫画の物語も続きが気になって、またこの先が読みたい!」







お客さんB(20代男性) 「つのぴーってみんな凄い年齢ですね。宇宙より長いなんて・・。」

 「つのぴーたちエイリアンはこの宇宙の外側から来た存在です。」

お客さんB 「あーそっちの説(多元宇宙論)を採用してるんですね。エイリアンの墓標(キューブ)は何の物質でできてるんですか?」

 「地球上には存在しない物質です。イメージは光のように実体がなく、触れることができない物質。」

お客さんB 「墓標の大きさは色々あるんですか?つのぴーたちも色々な体のサイズがいるので。」

 「そうです。それぞれの体の大きさに合わせたキューブに埋葬されます。」

お客さんB 「こっち(画像右)は結晶ですね!これって勝手にキューブの形になるようになってて、穴とか欠けてる部分があると自然と形を補い四角くなるようになってるんですよね。これとエイリアンの墓標が同じ形になってるとは。」

 「偶然ネットで見つけました。」

お客さんB 「え?ネット?何でもありですね! このCGみたいな絵(画像下)のキューブは描いてる時もやっぱり楽しいものなのですか?」

 「いや、かなり面倒くさいです。最高に興奮するのは、アイデアが閃いた瞬間と完成した時だけです。最初はすべて線で描きますが、その状態で画面を見ているとこれを仕上げるのか、とゾッとする時があります。」

お客さんB 「さっきから"ネット"とか"面倒くさい"とかアーティストからそのような言葉が聞けるとはかなり意外で面白いですね!画家が何を考えて描いているのか、ふだん自分たちには想像もつかない部分ですからね。」







ゆーほーん2号/がんがん1号/つのたろう7号


お客さんC(小学生) 「"ゆーほーん"が欲しい。"がんがん"も欲しい。ガンプラを使ってる!欲しい!」

お客さんD(C君のお母さん) 「私はこのつのぴーが好き。」

お客さんC 「これ"つのたろう"だよ!ツノが2つ付いてる。この("がんがん"の中の)"つのぴー"の後ろにいるのは、つのぴー41号のペット?」

 「そうだよ。」

お客さんD 「つのたろうの"たろう"は岡本太郎の"たろう"ですか?」

 「ウルトラマンタロウの"たろう"です。」

お客さんC 「エイリアンは何か食べる?」

 「食事はしないです。彼らは"油絵具"がエネルギー源で、自分の体の中から絵具をつくり出して絵を描きます。」

お客さんC 「このキノコも絵具だ!あっちのプラットホームにもある!」


【 子どもはすぐにエイリアンのキャラクターを細かく暗記して、漫画も読んで世界観を理解しのめり込んでいく姿がとても印象的です。つのぴーの何号がどこにいるのかすぐに発見したり、作品の意味を真剣に考えたりする姿を見ていると、子どもの観察眼の鋭さと固定観念のない思考の純粋さは、時に大人のそれをはるかに凌ぐのかもしれないと感じずにいられません。質問も矢継ぎ早に飛んでくるし、とにかくテンポが速い。】






【 上の画像は「Alien Vision 9:Earth Boy:千年スーツ」という作品で、人間の子どもが現代を生き抜くために千年の寿命を得ることができる宇宙柄のスーツを着て立っている、という作品です。
会期中に来てくれた小学生たちがこの作品を見て、「千年か・・千年も生きるのは嫌だな。」と話していたり、また別の子は「自分は千年間生きてみたい。」と話していたりしたそうです。
今までこの作品を見た大人の方の反応は、「子どもなのになぜこんな険しい表情をしているの?」「どうして子どもらしい可愛い表情じゃないのか?」という意見が多かったのですが、子どもの感じ方はまた違うみたいです。

この作品は「現代のこの世界を千年生き抜く」という使命を帯びた少年の像です。小学校の子どもたちがこの少年「アースボーイ」自身と同じ目線でこの像を見つめて神妙な様子で言葉を発していた、ということに驚いたし、また非常に嬉しく思いました。】






お客さんE(20代女性) 「つのぴーのブログ見てます。赤い手袋をしたつのぴー11号が好きです。今回は展示されてますか?」

 「展示してます。探してみてください。」

(そしてEさんが発見・・)お客さんE 「片方だけ手袋をはめるファッションがつのぴーの間で流行ってるんですよね!めっちゃかわいい。あとつのぴー7号も好きです。」

 「7号は、全身が金と銀の色だけで彩色されたゴージャスなファッションです。10号とか、20号とかゼロナンバーのつのぴーはみんな7号のファッションに憧れているので、金銀2色だけのファッションを真似しています。」

お客さんE 「ファッションリーダーですね。憧れたり真似したり、宇宙人も意外と人間臭いところが面白い。双子もいたり、関係性がかなり複雑ですよね。」






お客さんF(50代男性) 「漫画を読んだけど、地球誕生から現代まで一気に物語が展開していて、その間ずっとエイリアンたちは地球を観察し続けていて、エイリアンたちの体感速度は人間とは全然違うのでしょうか?」

 「人間とは違いますね。地球の歴史は46億年ですが、何十億年という時間をごく短い時間で凝縮して体感することもできれば、人間と同じくらいゆっくりと時間を体感することも可能です。彼らは体感速度を自在に調節できます。」

お客さんF 「なるほど。移動速度は?」

 「光より遥かに速いです。例えばこの"つのぴー40号"は金星に住んでますが、時々地球に来て海水浴をしています。地球と金星は似ている部分が多い惑星ですが、彼にとって地球より高温な金星はサウナ、地球は水風呂、という感覚なんです。」

お客さんF 「人間とはスケールが違う。宇宙が家なんですね!」






【 一般のお客さんは次々に作品について質問をされる方がたくさんいます。そしてどれも短いセンテンスでシンプル、具体的な質問が多いのが特徴です。

ふだん東京などで展覧会をしていると、来場者の多くは美術関係者になるので、今回一般の方から飛び出てきたような具体的な質問は意外と少ないものです。みなさん専門家なので、質問にしても感想にしても「ヘタなことは言いたくない。」「何か深いことを言わなくては、」という心理が働くのか、案外 抽象的なことを言われることが多いです。
(ちなみに、僕のいた美大では講評会の時に一人ずつみんなの前で作品を批評されるのですが、先生達が互いに牽制しあってなかなか誰も言葉を発さない無言の時間がまずある、というのが日常でした。異様な光景ですが、玄人としてのプライドや美術の知識、理屈などによって感性や発言にブレーキがかけられてしまう部分もあるのかもしれません。)
抽象的な言葉のやり取りは、一時的に高尚な対話をしている気分になったとしても、話題の核心が曖昧なために結局そこからは何も生まれてこない、ということがよくあります。


今回出会った一般のお客さんや、玄人であっても率直に質問や感想をぶつけてきてくださる方たちとのやり取りの方が、作家としては得るものがずっと大きい、ということを実感しています。
シンプルで具体的な質問には、回答も具体的なものが求められるのでごまかしがききません。自分が想定していなかった思いがけない所を突いた質問もたくさん受けました。作品の生みの親である自分の口から出る回答がすべての公式設定になるので、緊張感があります。今回、次々に飛び出てくるそうした質問に対して一つひとつ考え、答える、(時にはお客さんと一緒に考えたり)という対話を続ける中で、"Alien Vision"の世界観の構築や様々な設定がより細かく、深く、濃密なものになってきている点が非常にスリリングで面白いのです。】








お客さんG(70代女性) 「こんな展覧会は初めて見ました。ふだん志摩でこういうアートは見られないから、展覧会をしてくれて本当に良かった。私は素人だから美術のことはわからないけど、見ていて本当に感動しました。」「やっぱりふだんは東京で作品を発表されることが多いのだと思いますが、数年に1回でもいいからまたぜひここでやってほしいです。」






お客さんH(母と娘の親子で来てくれたお二人) 「完成されたエイリアンの世界に入り込んでしまう。夢に出てきそうです。」「漫画を読んだり、作者の説明を聞いたりするとより世界観がわかり、すごい引き込まれていく。浩達君の中にはこのエイリアンたちがいる。」「本人も宇宙人かもしれない。」






お客さんI (40代男性) 「つのぴーのブログ全部読んでます。僕も3体つのぴーを持っているので、漫画やブログにいろんなつのぴーが出てきて、作品の世界に自分も参加しているような気持ちになります。」 
ブログ「宇宙人 つのぴー」http://ameblo.jp/tsunopie/






そして、こんな素敵な贈り物を持ってきた下さった方がいます!消しゴム版画作家、大平佳子さん作 "つのぴー89号"のハンコです。展覧会を見にきてくださったある方が大平さんに依頼して作られた作品で、消しゴムでできています。さりげないラインの一つひとつが美しくもあり、ユーモラスでもあり、その絶妙な感じがとても気に入っています。宇宙人つのぴーが少しずつ一人歩きを始めたような不思議な感覚です。
http://www.yoshikogummi.com/


「リミックスがうまいと思います。過去に別の場所で見た作品でも、展覧会毎に違って見えて、何度見ても見飽きることがない。」というお話をされていたのが特に印象深いです。

いつも作品を楽しみに展覧会を継続して見に来てくださる方々の反応を知ることは、次の作品の展開をつくる上でも非常に重要なことだと思っています。






お客さんJ(20代男性) 「自分は"光"じゃないな。日々の色々なものに流されている"脱力系"だと思う。」
アップで描かれ"光"を放っている子どもの絵画「Lightning」と、俯瞰した視点から小さく横たわる姿で描かれた"脱力系"の大人たちの絵画「紫の星」。その関係性をすぐに理解した彼は、「"脱力系"の大人をアップで描いた作品が見てみたい。」と言っていました。
【 今まで専門家からもなかったその鋭い視点と提案に痺れました。これは今後作品化せずにはいられません。】






お客さんK(60代男性) 「俺は宇宙人と会ったことがあるんだけど、今日は畑仕事をしてる時にたまたま新聞記事で展覧会のことを知って、"これは見ないと!"と飛んできた。こりゃあ面白い!すごい!」

 「宇宙人の外見はどんな感じでしたか?」

お客さんK 「人間と変わらないよ。畑で会っていろいろ聞いたんだけど。」

 「会話は成り立つんですか?」

お客さんK 「成り立つ。彼(宇宙人)は東京に住んでて、新幹線でこっちに来てるらしい。ジャガイモが好きでポテトチップスをよく食べてる。」

 「ジャガイモが主食ですか。」

お客さんK 「そう。これ表面がいいね!何で作ってる?」

 「チェーンソーとカッターで削ったスタイロフォームにFRP(プラスチック)を貼って車の塗装をしています。」

お客さんK 「この色は?」

 「トヨタのホワイトパールです。いろいろな駐車場で片っ端から車を見て、どのホワイトパールがいいか決めました。その上から油絵具で色をつけています。」

お客さんK 「あなたはこういうものを作っちゃう人だし、間違いなくこの先宇宙人と出会うだろうね!」

【 「畑からそのまま展覧会に来た。」とご本人が言うように、泥だらけの長靴とつなぎ姿で現れ、目を輝かせて作品を見るその姿がうれしかったです。】




------------------------------------------------------------




まだまだ書ききれないほど濃密なやり取りがあるのですが、このくらいにしておきます。


また、会場の歴史民俗資料館の方々がブログ「宇宙人 つのぴー」をもとに、「つのぴーを探そう!」というクイズを率先して行われている点や、作品一つひとつの意味やキャラクターの設定、ストーリーなどを熟知され、お客さんに説明している様子も印象的です。

展覧会の並走者の人たちが、「自分の作品を細かく正確に理解し、それをお客さんに伝えるためにできる限りの工夫を凝らす。」という姿は、作家にとってとても幸せなことだと思います。
業界のプロ顔負け(?)の熱意あるその姿勢に僕もパワーをいただいています。




都会でもなく、ホワイトキューブでもないこの不思議な資料館の空間で、様々な「面白いこと」が起きています。



 




2014年5月18日日曜日

率直な感想 前編 @エイリアン博物館






現在、志摩市歴史民俗資料館で「石山浩達展 エイリアン博物館」が開催中です。予想以上に様々な「面白いこと」がこの展覧会で起きているので、その率直な感想を書きます。

かなりの長文になると思うので、下記の二部構成のブログにします。

<前編> エイリアン博物館についての解説
<後編> お客さんとのスリリングな質疑応答の様子/本展の特異な点/自分の率直な感想





<前編 エイリアン博物館についての解説>

作家としての手の内の一部を明かすような記述になりますが、今回はなるべく詳細に解説してみようと思います。

この展覧会は、宇宙人「つのぴー」をはじめ様々なエイリアンたちが陳列ケースに並んだ異色の内容です。会場には「つのぴー1号」〜「つのぴー100号」、さらに「つのたろう7号」や「ゆーほーん0号」といった様々な宇宙人が60体くらい登場しています。
作品の形態は、絵画や立体、漫画、インスタレーションなど様々です。

作品のメインコンセプトは、"Alien Vision"(46億年前から地球を見続けるエイリアンには、人間の姿がどのように見えているのか?)です。
絵画(エイリアンが見た地球と人間の姿)+立体(エイリアン)+漫画(エイリアンと宇宙の物語)で構成される"Alien Vision"の世界観はあまりにも壮大で、その物語と世界観は日々拡張され続けています。"Alien Vision"の全てを一つの展覧会で見せることは到底できないため、いつも展覧会ごとに"Alien Vision"のどこに焦点をあてるのかテーマを決めるようにしています。

本展のテーマは、「エイリアンの生態と死」です。これまで以上にエイリアンそのものにスポットがあたり物語が展開される点が大きな特徴です。





「エイリアン博物館」は、新作11点、旧作数十点、個人のコレクション4点で構成されています。今回はふだん現代アートとは無縁の一般の来場者が大半になるため、鑑賞の敷居を下げる狙いで作品の詳細な解説文を会場に設置しました。作品鑑賞とあわせて解説文や漫画を読むと、新旧織り交ぜた絵画、立体、漫画(2008年〜最新作まで)が複雑に絡み合う世界観の全貌が次第に見えてくる会場構成になっています。

もちろん「解説文は面倒くさい。読む気にならない。」という方もいると思います。展覧会にもよりますが、僕もキャプションの解説部分を読まずに鑑賞することが多いです。当然、鑑賞の仕方なんて十人十色、無限にあっていいと思います。本展では、そんな「面倒くさい」という方やそもそも「現代アートがわからない」という方にも、作品の造形のみを純粋に味わって興奮できるような作品をセレクトしています。

また、"Alien Vision"の展覧会をいつも見に来てくださる方々や、いわゆる玄人の方々にも心を揺さぶっていただけるよう、「エイリアンの死」というこれまでの物語から地続きであり尚且つ新たな展開をつくり、作品を読み込むほどエイリアンの様々な謎や作品世界の核心に迫っていけるように構成しました。

そのため、この展覧会に順路はありません。



ではここからは、具体的な作品について解説します。


【scean1】


4種類のエイリアンが存在し、それぞれ「つのぴー」「つのたろう」「ゆーほーん」「がんがん」という名前があります。各個体には◯◯号という番号が付いていて、画家、飛行家、写真家、宇宙温泉経営者、スケーターなど様々なエイリアンがいます。最も数の多い画家のエイリアンたちは、自身が見た地球と人間の姿を油絵具で描くことで対象を認識します。
全てのエイリアンには年齢、生息地、性格、職業など細かい設定があり、本展ではその一部を解説文で紹介しています。
(立体の素材は、FRPや石粉粘土で成形し、トヨタ自動車のホワイトパールで塗装。さらに、油絵具で彩色しています。技法名:日本色タブロー)


※各作品の解説は本展のキャプションの原文のまま記載します。



つのぴー11号
年齢:149,198,234,123,487,808,147歳
生息地:アンドロメダ銀河
好きな色:カドミウムレッド
皮膚の色:ホワイトパールクリスタルシャイン

凛々しい顔立ちと右手の赤い手袋がトレードマークのつのぴー。
ユーモアのある性格を持つ。つのぴー7号とは腐れ縁だが、
主な活動領域は異なりアンドロメダ銀河で生息している。




つのぴー49号
年齢:149,197,127,006,986,619,967歳
生息地:アンドロメダ銀河
好きな色:ピーチブラック
皮膚の色:ホワイトパールクリスタルシャイン

つのぴーの中ではやや口が悪く反骨精神が強い。"海水パンツ"
と呼ばれる人間たちの存在に注目し、観察を続けている。




ゆーほーん0号

ビッグバン以前、7垓3千京年以上前から生き続ける最古のゆーほーん。
変容を続けるその体には様々な姿の千手観音菩薩が映し出されている。
(2011年 スタイロフォーム+シルバー塗装、白亜地、油彩
他にも「つのぴー0号」などエイリアンの0号はみんなシルバーの皮膚を持つ。)



プラットホーム:ちきゅー

宇宙の停車駅の一つ「ちきゅー」。宇宙を旅する様々なエイリアン
たちが行き交う場所だが希に特別な力を持つ人間が現れることがある。
(2013年 FRP+ホワイトパール塗装、油彩)



Earth Boy

地球を体の一部に宿した少年。人間には普通の子どもにしか
見えず、エイリアンのみがその真実の姿を知っている。
(絵画の素材は、古典技法=板+白亜地+油彩を使用。描画は筆描き。)




Earth Girl

地球を体の一部に宿した少女。人間には普通の子どもにしか
見えず、エイリアンのみがその真実の姿を知っている。
(2013年 板、白亜地、油彩)



海水パンツ(?)

至る所に姿を現す海水パンツのヤツラ。
大人でも子どもでもなく、その存在はエイリアンにとっても不可解。



また、最近始めたブログ「宇宙人 つのぴー」では「つのぴー1号」から順番にそれぞれの生息地や性格などマニアックな情報が紹介されています。この展覧会と連動した内容になっていて、少しずつ更新中です。ブログを見つつ、この展示を楽しむお客さんも多数います。
ブログ「宇宙人 つのぴー」http://ameblo.jp/tsunopie/



Lightning

宇宙からエイリアンが見た地球と人間の子どもの姿。
子どもは眼から強烈な"光"を放っているように見える。
(2010年 キャンバス、白亜地、油彩 227.3×181.8cm 大学の卒業制作。17歳で訪れたラスベガスのカジノやコーラの店、海賊のショーの爆炎、19歳のヨーロッパの旅で訪れたガウディの建築、スペインの市場、ユダヤ博物館の窓、さらに銀河や惑星、人工衛星、宇宙飛行士などから発せられる様々な"光"、そして2千個以上のキューブ=エイリアンの墓標などが4点透視図法で濃密に描かれている。実は自画像でもある。)



【scean2】

永遠の個

エイリアンが見た時空世界。人間の叡智、希望、欲望、美意識によって生み出されてきた「個」である車は、エイリアンの墓標=キューブと共に、宇宙の時空に刻まれている。
(2009年 板、白亜地、油彩で制作した初期作品。CGやエアブラシは使わず全て絵筆で描画している。約2千個ある立方体は、4点透視図法で描いている。消失点は遠方、左右、下方の4点。162.1×162.1cm)



Cube

宇宙の歴史(137億年)よりはるかに長い寿命を持つエイリアン
たちにもやがては死が訪れる。エイリアンの化石は長い年月を経て
キューブの墓標に包み込まれ、宇宙と一体になる。
(2008年 紙 アクリル 17×18cm 今回の出品作の中で最も古い。)



つのぴー100号

エイリアン(宇宙人)「つのぴー」の100号。
主におとめ座超銀河団で生息している。「つのぴー」の中でも特に長いツノを持っている。宇宙の様々な現象「いかづち」「ちょうしんせいばくはつ」「ほしのたんじょう」などに関わる神秘的な力を持つと言われている。
宇宙空間で墓標の川に遭遇し、埋葬された仲間たちを見送る。




【scean3】

この展覧会の最も重要なセクションで、会場中央の陳列ケースに配されています。最新作の「エイリアンの化石」や「エイリアンの墓標」が展示され、これまで謎に包まれていた「エイリアンの死」の片鱗に迫る内容になっています。


エイリアンの化石:572,309,715,628,007,351,428年前

エイリアン(宇宙人)「つのぴー0号」の化石。長い間、宇宙を
漂い続けていたが、つのぴー80号たちにより発見される。
(2014年 フレスコ画 本展のためにフレスコで制作された最新作。油絵具、テンペラ、アクリルなどと異なり接着剤<油、卵、アラビアゴムなど>を用いず、水で溶いただけの顔料で描画され、数千年規模の保存が可能。例:ミケランジェロ「最後の審判」等)



エイリアンの墓標

「つのぴー0号」の化石が長い年月を経て埋葬されていく。化石を包み込むキューブはエイリアンの墓標となり、時空世界に刻まれる。
(2014年 板、紙、ペン、色鉛筆
絵具至上主義の美術界において過小評価されている「色鉛筆」
でタブローを描く、という裏のコンセプトも含まれた作品。)



【scean4】

エイリアンたちの日常が表現された一区画。ここにはあえて解説文は置かずに造形のみから想像が膨らむようにしています。



【scean5】

"脱力系"の絵画と"Alien Vision"の漫画のセクションです。



「Alien Vision 書き下ろし漫画シリーズ 1P - 17P」(コピー)
2013年1月〜継続中
※14P - 17Pは下書きで、本展の内容にあわせて新たに描いたもの

エイリアンの視点で描かれた漫画。物語は、宇宙で4体のエイリアンが地球誕生を見ている場面から始まり、生命誕生、アノマロカリスの繁栄、人類誕生、ヴィレンドルフのヴィーナスの創造、関ヶ原の闘い、ガウディのサグラダファミリア建造、核爆弾投下、そして現在へと展開していく。展覧会ごとに物語は少しずつ更新され、様々な謎が明らかになっていく。現在13Pまで完成。
本展では、現在制作された全ページのコピーと原画の一部を展示。14P以降の下書きを先行公開している。
(漫画の支持体は、ホワイトパールで塗装された車のボンネットやアクリル板。その上に全て油絵具の黒で絵筆で描かれている。下書きと書き直しができないため、常に一発描きになる。)



「Alien Vision 書き下ろし漫画シリーズ 13P」<原画>



 「Alien Vision 書き下ろし漫画シリーズ 14P」<下書き>



「Alien Vision 書き下ろし漫画シリーズ 15P」<下書き>



 「Alien Vision 書き下ろし漫画シリーズ 16P」<下書き>



「Alien Vision 書き下ろし漫画シリーズ 17P」<下書き>



紫の星

宇宙からエイリアンが見た地球と人間の大人たちの姿。彼らは惑星に横たわり力が抜けてしまっているようにも見えるため、エイリアンたちは"脱力系"と呼んでいる。
(2010年 キャンバス、油彩 145.5×145.5cm 絵具を垂らしたり、滲ませたり、偶然性を用いた技法で描かれている。"光"の絵画とはあらゆる点で対極にある作品。)



あいまいなスタジアム壱

宇宙からエイリアンが見た地球と人間の大人たちの姿。
サッカーのスタジアムで選手も観客も審判も脱力している。
(2011年 キャンバス、油彩 91×116.7cm)



【scean6】

展覧会場の入場口付近です。陳列ケースに入った「アースボーイ」の立体と「つのぴー」が出迎えてくれます。



Alien Vision 9:Earth Boy:千年スーツ

エイリアンが見た地球を体の一部に宿した少年"Earth Boy"。千年の寿命を得ることができる"千年スーツ"を着用しており、全身が油絵具でできている。
(2014年 FRP、日本色タブロー、Paint × Sculpt、ガンコラ=ガンプラのコラージュ、Oil Sculpture 他 123×46×43cm)



【scean7】


会場の片隅に配置されたケースには、小さなハイハイつのぴーと鉱物が1点置かれています。


Cube

地球(スペイン)で実際に発見された天然の結晶。人が手を加えたのではなく、自然とキューブ型で出てくるという。ネットで偶然発見し購入したもの。そこに油絵具で"海水パンツ"を描いた。空想・妄想から生まれたエイリアンの墓標と同形のものが地球で発掘されている事実に興味を惹かれ、つのぴーと共にケースの中に配置している。





解説は以上です。

通常の個展では、基本的にすべて新作を展示・販売しています。一つの展示に向けて、3ヶ月〜1年くらいの短期的な期間に集中的につくったものでインスタレーションすることになります。一方、今回は6年前〜最新作までの新・旧作を織り交ぜて一つの空間をつくりだしたことで、短期間で制作したある種偏りのある作品群では生み出せない深みと広がりのある展覧会になったと思います。


-------------------------------------------------------------------------


後編は後日またアップします。
この展覧会で実際に起きたこと、お客さんとの質疑応答の様子、自分の感想などを書いていきます。