2013年11月3日日曜日

Alien Vision × Taro Vision / 岡本太郎記念館





















第16回岡本太郎現代芸術賞作家作品展示【敏子賞受賞】
石山浩達 "Alien Vision × Taro Vision"

会期:2013年12月4日〜23日
会場:岡本太郎記念館
休館日:火曜日
開館時間:10:00〜18:00
観覧料:一般600(500)円、小学生300(200)円
()内は15人以上の団体料金
ギャラリートーク:12月7日(土)15:00〜
詳細:http://www.taro-okamoto.or.jp/exhibition_alienvision.html


<展覧会テキスト>

エイリアン(宇宙人)と岡本太郎の遭遇、そこから物語は動き出す--------------
宇宙を旅する列車型のエイリアンとその仲間たちは、停車駅の一つ“ちきゅー”に到着した。そのプラットホームには、エイリアンに紛れて岡本太郎が立っていた。エイリアンの存在を知らない人間がこのプラットホームに立つことなど、エイリアンですら予想外の出来事。そこへ、芸術家、岡本太郎は静かに現れ、列車に乗り込んだ。

宇宙人と人間・岡本太郎----両者には、絵筆を握りしめ油絵具のチューブとパレットを持ち、自らの視点でとらえた地球と人間の姿を猛烈に絵画で描く、という執念がある。列車に乗ったエイリアンと太郎は、それぞれの視点で地球と人間を見つめる旅に出る。

"Alien Vision × Taro Vision" ---------------太郎の聖地、岡本太郎記念館の空間で二つの視点が交錯する。


--------------------------------------------------------------------------------------------------



「Alien Vision 7 ー天の川のなかでたった一つのほんたうのその切符を決しておまへはなくしてはいけない。ー」
(宮沢賢治「銀河鉄道の夜」より)
2013   FRP+ホワイトパール塗装、白亜地、油彩、ガンコラ=ガンプラのコラージュ、他  133×231×88cm
©ISHIYAMA Hiromichi    Photo: MATSUBARA Yutaka





「Alien Vision 8 ー素朴に、無邪気に、幼児のような眼をみはらなければ、世界はふくらまない。ー」
(岡本太郎「壁を破る言葉」より)
2013  FRP+ホワイトパール塗装、白亜地、油彩、他  168×82×60cm  
©ISHIYAMA Hiromichi    Photo: MATSUBARA Yutaka





岡本太郎記念館で展覧会を開催します。

列車型のエイリアンや岡本太郎氏を立体化した作品、エイリアンのプラットホームなど最新の立体作品を大型絵画と共に展示します。エイリアンと岡本太郎氏との不思議なコラボレーション展をお楽しみください。





奥:「Alien Vision 7 ー天の川のなかでたった一つのほんたうのその切符を決しておまへはなくしてはいけない。ー」
(宮沢賢治「銀河鉄道の夜」より)
右:「Alien Vision 8 ー素朴に、無邪気に、幼児のような眼をみはらなければ、世界はふくらまない。ー」
(岡本太郎「壁を破る言葉」より) 
©ISHIYAMA Hiromichi    Photo: MATSUBARA Yutaka







「Alien Vision 7 ー天の川のなかでたった一つのほんたうのその切符を決しておまへはなくしてはいけない。ー」
(宮沢賢治「銀河鉄道の夜」より)<detail>  
©ISHIYAMA Hiromichi    Photo: MATSUBARA Yutaka































「Lightning」 2010  キャンバス、白亜地、油彩・アクリル  ©ISHIYAMA Hiromichi    
Photo: MATSUBARA Yutaka

「drawing#1」2013 紙、ペン、色鉛筆 ©ISHIYAMA Hiromichi  Photo: MATSUBARA Yutaka
「drawing#2」2013 紙、ペン、色鉛筆 ©ISHIYAMA Hiromichi  Photo: MATSUBARA Yutaka
「drawing#3」2013 紙、ペン、色鉛筆 ©ISHIYAMA Hiromichi  Photo: MATSUBARA Yutaka